春の恒例の地域行事として皆様に大切にしていただいております「いぶきふれあいまつり」は2020年で第29回を迎える予定をしておりました。
地域の皆様、あるいは折々にいぶき福祉会に関わってくださって方々が寄り集まって語り合うことができる場として、関係者一同、力を合わせて準備をしておりますが、新型コロナウィルス感染拡大をめぐり状況は、「ふみとどまっている」とはいえ、まだまだ予断を許す状態ではなく、2020年度についてはやむをえず中止をすることにいたしました。

本来であれば、こういう時だからこそ、誰もひとりぼっちにしない、ゆるやかにともに暮らしつづけることができるこの街のあたたかさを感じることができる場を開くことが、私たちの大切な役割のひとつだと思います。
ただ、まつりの準備は、昨年のように5月中旬から下旬に開催するためには、遅くても2月上旬には実行委員会が活動を始めなければなりません。
企画作成からご出演、ご出店、運営ご協力にあたってくださる方々へのお願い、広告ご協賛のお願い、参加協力チケットのお願い等にお伺いする時期でもあります。
状況の収束の見通しが立たない中で、そのようなお願いにお伺いするわけにもいかなかったことも、中止の理由のひとつです。

「また、いぶきまつりで会おうね!」という言葉がわたしたちは大好きです。
開催を楽しみにしてくださっている皆様には本当に申し訳ございません。
心よりお詫び申し上げます。
理解賜れば幸いに存じます。

来年は必ず開催したいと思います。
その際には、ぜひとも、ご参加くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

いぶきファミリー事務局 北川雄史

昨年第28回の会場の様子です