サテライトいぶきの横山です。

サテライトいぶきの桑原さん(切り文字アーティスト)の作品が
富山県南砺市立福光美術館で展示されます。(3/6~4/11)

桑原さんは、チームの仲間と一緒に月に1度アートの時間を楽しんでいるほか、昼休みなどを使って切り文字アート作品を制作しています。
以前にもTASC岐阜(岐阜県教育文化財団)に展示していただいたこともありましたが、今回もお話をいただき、富山県障がい者芸術活動支援センター ぱーと◎とやま 主催の作品展に出展させていただくことになり、今までの作品の他新たに作品を制作しました。

隣のチームがお茶に携わっていることもあり、素敵な写真を使い「岐阜のマチュピチュ」を題材に作品作りをしてみました。

たくさんの作品を持ちTASC岐阜へ担当の方に預かってもらい、そちらから富山の担当の方にお渡しいただけるとのことでした。
また「新たな作品が増えたね」「この作品素敵だね」などと言ってもらい終始嬉しそうでした。

また桑原さんと言えば?と尋ねると、「携帯電話?電化製品?カレンダー?」とワードが上がってきます。お休みの日には、家族に電気屋さんに連れて行ってもらうのが日課となっています。
そんな大好きなお店のロゴを切り文字してみたり、毎年カレンダー作りもしています。

秋頃からは、2022年度のカレンダーを制作するなど、
今後も大好きな切り文字は続くと思います。

    

「美のコトと人とこの美 -Borderless Art Session 」はこちら ↓