いぶきゆめひろの谷口です。

ゆめひろでは、少し早いですが3/19に年度末納会として、皆で昼ご飯を作って食べました。

何を作ったかというと、スパイスを調合して作った「スパイスカレー」と生地から作った「ナン」のカレーランチです。
なぜ昼ご飯を作ることになったかと言いますと・・・
今年度はなかなか楽しい取り組みができなかったため、「一年の締めくくりに何か楽しいことしたいね」から始まりました。

食べることにはうるさいゆめひろですので、「せっかくだから、製菓チームだから作れるものを作りたい」という言葉から何ができるかをみんなで考えました。
みんなで考えたので、色々な案が出ましたが最終的には以下のようになりました。

ゆめひろではカレー味のベジかりんを作っており、このかりんとうは数種類のスパイスを調合して作られています。
そこから「今度は本当のカレーをスパイスを調合して作ってしまおう。」となり、またナンを食べたことがない仲間がいたので「じゃあ、オーブンがあるからナンも生地から作ってみよう。」となりました。

誰一人として作ったことはないので、みんなで「どうする?」「こうすれば良いかな?」
「大丈夫大丈夫。失敗したら、みんな今日は昼ごはんなしやわ。(笑)」
「え~⁉(笑)」と笑いありで作りました。

普段食べられない高級なお肉を前に、皆のテンションはMaxでした。
そして、たくさんのお肉を買ったので最後の一枚はステーキにして皆でおいしくいただきました。

   

カレーはスパイスが効いて辛かったですが、3種のナンにつけて食べるとちょうどマッチしてとてもおいしかったです。

内心、「食べれるものができなかったらどうしよう」という不安もありましたが、
皆の「うまっ‼」という言葉と満足そうな笑顔を見てとても嬉しかったです。

「スパイスだけでカレーが作れるんだ。」「ナンっておいしいね。」など、新たな発見や経験に繋がれたことが良かったと思います。

最後には、買っておいたデザートまでしっかりいただきゆめひろ納会は終えることができました。

おいしかった~