第二いぶきポンマジックの田中です。
定期的におやつ作りをしているのですが、今回は栗まんじゅうです。

全国のおいしいおまんじゅうの本を読んでいると、さらりと簡単で美味しく作れる栗まんじゅうの作り方が紹介されていました。
お店で買うものと思っていたので、意外性から、仲間と作ってみたいと思ったのがきっかけです。 

白あんに、薄力粉、練乳、卵黄、重曹を混ぜて皮を作ります。

次に白あんを丸めます。

あんこを丸め終わって、今度は皮の生地で包みます。手のひらで広げるのは難しかったため、指先で優しく伸ばします

手のひらで押さえると、いよいよ仕上げです


以前、いきなり団子を作っていた仲間からは、その時の仕事の様子も教えてもらいました。
白あんの中心に栗の甘露煮を入れて、先ほどの皮で包みます。皮が手につきやすいので慎重に指先をつかいます。
無事に包み終わったところで、「三角(栗の形)ですね」「いや、俵型でしょう」と意外なところでストップしました。

栗まんじゅうは栗と俵型の両方があるとわかり、それぞれの馴染みのある形で作りました。

最後にオーブンをお借りして、焼いて完成です。

焼きたてを両手で大事そうに持って食べる仲間もいれば、熱くて食べられない仲間のために、冷凍庫で急速に冷やして一緒に食べたのも微笑ましかったです。

「美味しいわー」の声に一同大満足です。