いぶきゆめひろ共同作業所の辻本です。
日光町の事業所の近くに、キッズボンド大福さんという放課後等デイサービスができました。地域の特別支援学級の生徒さんが中心に通われているそうです。


先日、職員さんが挨拶に来てくださり、子どもたちの「こんなことがやりたいな」という願いを何とか叶えたいという、熱い想いを語ってくださいました。

その1つが「しゃぼん玉がしたいんです」というお話しでした。
シャボン玉?部屋の中でもできるんじゃない?公園あるじゃん!と思われる方も居るかもしれません。
風に吹かれて流れていくシャボン玉の方が楽しいですよね。公園って他のお子さんもたくさん居るからわりと気を使いますよね!?

たまたま日光町の建物の隣にある駐車場を借りていらっしゃって、いぶきガーデンを「素敵な庭だな~。ここでシャボン玉させてもらえないかな~」って眺めてくださっていたそうです。
ムスカリの星場さんとボンドさんの支援員さんともちょくちょく立ち話をして盛り上がって、実はほぼ話は出来上がっていたそうで、嬉しい話もたくさん聞かせてもらって勢いで「やっちゃいましょう!」ということになりました。
とは言っても、あくまで施設の敷地内ですので、本当はこんなに緩くは手続きを踏めないのですが、このボーダーレスな付き合い方が日光町のグループの良さなのかなあとも思っています。

そして当日、子どもたち大喜びでしゃぼん玉遊びをしていきました。

そんな姿をガーデンの片隅から眺めていたのですが、あんな無邪気に遊んでいた頃が自分にもあったんだなあと、気づけは私にとってもいい時間になっていました。

帰りはとっても礼儀正しく挨拶をして、とある子どもが話しかけてくれました。
「また来ていい?今度はプールがしたい!」


いつでもどうぞ。素敵なご近所付き合いができて嬉しいです。ありがとね。