いぶきムスカリの星場です。

1月9日に「成人・還暦を祝う会」を行いました。

昨年の4月にいぶきに入ったムスカリ一期生3人(松原楓太さん、安田百花さん、小川明日香さん)が成人を、製菓グループで活躍されている斎藤茂行さんが還暦を迎えたのでみんなでお祝いしました。

マドレーヌを作り続けていぶきを支えてくれていた斎藤さん、いつもまっすぐに物事に向き合う背中が印象的で最近ではかりんとう作りもがんばられているそうです。
斎藤さんが所属するゆめひろには還暦を既に迎えている仲間がいるため「自分も還暦の時には赤いちゃんちゃんこを着れる!」と楽しみにされていたのだそうです。
既に経験した仲間が同じ部屋にいることで想像しやすかったようで、事前準備の段階から楽しみにしていた様で、本番も落ち着き払い緊張していなかったようでした。

一方ムスカリの三人は昨年の四月にいぶきにきたばかり。
まだまだ子供気分が抜けない中、「仕事って何?!」等何とも難しいことを一緒に考えながら未経験の出来事に挑戦してきました。慣れない事に困惑しながらも助け合って毎日を過ごすうちに一体感ができ、自然に思いやりを持ちあって励まし合える仲間になっていきました。


準備段階までは実感がなかったようでしたが、昨年成人を迎えた方が顔馴染みで今年は司会をしてくれるということを嬉しく、楽しみにしていたようでした。
また、取り組みの中で子供の頃からの写真で振り返りをするうちに自然とご家族への感謝の気持ちが湧いたようで、各自いつもとは違う心のこもったお手紙を書き上げてご両親にお渡しすることができ、とても温かい雰囲気の式となりました。 

式が終わってからもしばらく緊張が見え隠れしていましたが、
どうだった?と聞くと最高の笑顔で「楽しかった!」「嬉しかった!」の声を聞くことができてほっと一安心。

式後はみんなで晴れ姿を褒め合いながらお祝い膳をいただき、とても幸せでした。

  

斎藤さん、ムスカリの皆さん、ご家族様おめでとうございました。

これからも支え合っていく背中を見守り、時に支えていきたいと思っています。