パストラルいぶきの藤井です。

124年ぶりという2月2日節分の夕方・・・
帰宅する仲間たちを驚かそうと、鬼のお面を付けて玄関に潜んでおりました。

が、なんと!日中作ってきたのでしょうか?
炭次郎のお面を付け、新聞紙で作った刀を持った山元美穂さん。
「こまちのみんなは私が守る!」と、かっこよく刀をかざしてみんなの前へ!!

松田さんは、なぜだか鬼とハイタッチ!!


兼松さんに豆を渡すと、車の中へ投げ込み、車にまだ乗っていた前川さんは大笑い!!
高瀬さんは、せっかく鬼のお面を付けている私にかまわず、「藤井さんただいまぁ」と、いつもの様子。「鬼だぞぉ!!」という私に困惑の表情でした。

今度こそ、上手に驚かそうと、西部事業所から帰宅する仲間を待ち構えていましたが、
佐藤さんは、鬼の私を見るなりニヤリと笑って「鬼は嫌いやで、豆がないから靴なげるぞ」と、上手に威嚇。

  

これで無事にパストラルにも春がやってきそうです。

あぁ、やられた、やられた