パストラルの藤井です。

もうすぐ5月。5月といえば鯉のぼり!
ということで、つばさグループ日曜日の余暇時間に鯉のぼりを作ることにしました。

フェルトで鯉のぼりのパーツに切ったものを、ボンドでくっつけてもらうという簡単なものですが、みんなそれぞれに色選びからやりました。

水色を選んだ高瀬さん。
「ここ!ここでいい!」と、
次々場所を決めてパーツをくっつけました。

濃いピンク色を選んだ小川さん。
「私は~、やっぱり~。う~ん。」
と悩みながらパーツを付けていきました。

青い色を選んだ松田さん。
きれいにパーツを並べて貼り付けました。
でも、1個だけパーツがあまりどこにつけようか迷っている様子。無理に全部つけなくてもいいよ。と話すもののまだ迷っていて、裏側の生地を渡すとうなずいてそちらに貼り付け、自分でペンを持って裏側にも目を描いていました。

薄いピンクを選んだ佐藤さん。
「鯉のぼりなんて興味ない!」と言いながらも
「どこにつけるんや~。ここか~?」
と次々つけていきました。

   

出来上がった鯉のぼりをみんなに渡すと、佐藤さんは「そんなもんいらん。飾りたくない!」と言います。
「せっかく作ったから机にでもしまっておいてよ」と、机の上において、部屋を出ました。

でも、私は見てしまったのです。
そのあと、お仕事用のリュックに自分で作った鯉のぼりを付けているところを・・・!

あぁ、よかった!個性豊かな鯉のぼりたち。
なんとなく作り手に似てるかな??